眼瞼下垂症・眼瞼内反症

眼瞼下垂症・眼瞼内反症

眼瞼下垂とは

 眼は開いているが皮膚がたるんでくるものや皮膚は弛んでいないが瞼(まぶた)が下がってくるものがあります。 また、長期間のハードコンタクトレンズを装用している場合には若い方でも瞼が下がってくる場合があります。ときに、神経の病気などで瞼が下がってくることもありますので、そのような病気が疑われるときはMRIでの精査や神経疾患、代謝疾患等の有無の精査が必要になります。

眼瞼下垂の手術

 治療法としては、皮膚がたるんでいるだけのものは皮膚を切除するだけでよいですが、瞼(まぶた)を上げる筋肉が弱って瞼(まぶた)が下がっているものに関しては筋肉を縫い縮めて強くする手術などがあります。

 手術して瞼(まぶた)が閉じなくならないか、左右の眼の大きさが違ったりしないか、とのご質問を受けます。 基本的には手術中に瞼(まぶた)の上がり具合を確認しながら手術を行い、左右差があったり、瞼が不自然であったりすれば調整しますので、術後に瞼が閉じなくなることはまずありませんが、左右の眼の大きさを全く一緒にするというのは困難です。そこがどうしても気になる方には手術はおすすめしません(美容目的にはお勧めしておらず、視力や視野の障害となっている場合にお勧めします)。緊急性の高い手術ではありませんのでよく検討されてから手術を受けられることをお勧めします。

眼瞼下垂の手術前・術後

眼瞼下垂の手術費用について

眼瞼内反とは

 眼瞼内反とは、まぶたの縁が眼球側に向かい、睫毛あるいは瞼縁の皮膚が角膜を刺激している状態です。「逆さまつげ」とよばれるものの一部で、睫毛を抜けば一時的に症状は改善しますが、睫毛は再度伸びてくるため症状は繰り返します。
 眼瞼内反が原因の涙が多く出る、ごろごろするなどの異物感、目やになどの角膜刺激症状は、手術で改善します。

眼瞼内反の手術

 縫合糸を用いてまぶたが外側を向くような力を加えて糸を埋没させます(埋没法)。局所麻酔で行い、埋没法の場合は術後の抜糸は必要ありません。眼瞼内反の患者様は、まぶたが内側を向こうとする力が働くため、術後に再度内反(再発)することがあります。再発する場合は下眼瞼牽引腱膜短縮術などを検討します。

眼瞼内反の手術前・術後

眼瞼内反の手術費用について

覚悟の瞬間 医療法人孔成会 畑眼科 畑快右

当院へのアクセス THE LINDOS 1F 屋内駐車場完備

お問い合せ

お気軽にお問い合せください。 TEL 092-663-1800 診療時間9:00~17:30

  • 当院について
  • 診療内容
  • 日帰り手術
  • コンタクト・メガネ
  • 院内の紹介
  • スタッフ紹介
  • 患者様の声

診療内容一覧診療内容一覧のページはこちら

福岡市東区千早 医療法人孔成会 畑眼科

医療法人孔成会 畑 眼科

福岡市東区千早4丁目15番12号 THE LINDOS 1階

Tel. 092-663-1800 Fax. 092-663-1812

当院へのアクセス