日帰り手術について

日帰り手術について

 日帰り手術はご自宅で術前・術後をお過ごしいただけることで、患者様にとって精神的ストレスが少なく、大きなメリットがあります。安全・確実な手術を行い、しっかりとした術後管理を行えば日帰りでの外来手術を安心して受けていただけるものと考えています。

 当院の開設に伴う設備設定としまして、最新鋭の手術機器と手術顕微鏡を備え、白内障手術をはじめ、緑内障や糖尿病網膜症などに対するレーザー治療や硝子体手術等も日帰りで行なえる体制を整えています。眼瞼内反症などまぶたの手術や翼状片・結膜弛緩といった結膜疾患の手術も同様に日帰りで行えます。

 ご注意いただきたいのは、日帰り手術だからと言って初診日にいきなり手術を行うということではありません。原則として一旦術前の検査・診察をさせていただいたうえで手術日を決定し、手術当日は入院なしでの日帰り、という事になります。病状や外来の空き状況によっては初診日に手術をさせていただくケースもありますのでご相談ください。
 また、日帰り手術だから簡単でその日で全て終了と考え、術後の管理を怠ると非常に危険です。術後はご自宅でしっかりと安静にしていただき、術翌日・翌々日の受診を必ずお約束いただくことになります。

日帰り手術について

レーザー治療につきましては眼帯をすることはありませんが、それ以外では眼帯をしていただく場合が多く、片眼では段差などが分かりにくく転倒の危険性が高くなります。手術当日は、できるだけご家族のお付き添いをお願いします。手術翌日の来院まで眼帯をしていただく場合、やはりご本人の運転による来院は控えていただき、ご家族の付き添いによる来院かタクシーなどのご利用をお勧めします。
術後は入浴・洗顔などの日常生活に制限が出ることがありますので、詳しくはスタッフまでお尋ねください。

白内障日帰り手術

白内障症例・術後

 近年、白内障手術の機械類や技術が飛躍的に向上しており、特に問題ない症例であれば手術時間も短縮し、術中・術後の痛みも最小限になってきています。

白内障日帰り手術のスケジュール

①手術日の決定

まずは外来受診にて視力低下などの訴えがあり、検査・診察の結果で手術の適応があると判断されれば手術の説明をさせていただきます。手術のご希望があれば手術日のご相談をさせていただきます。

白内障 検査・診察の様子

②手術前の点眼

手術3日前から、手術予定の眼に抗菌剤の点眼をして頂きます。1回につき1~2滴を点眼してください。

③手術当日

手術の約1時間前までに来院して頂きます。手術当日の朝食は通常通りで構いません。昼食は軽めでお願い致します。心電図、血圧計などを装着しますのでゆったりした服装でご来院ください。お化粧はお控えください。また、ご自身で車やバイクを運転して来院することはお控えください。手術終了後、しばらく院内で休息して頂いたのち、保護眼帯を装着したまま、お帰り頂きます。

手術室、リカバリールームイメージ

・手術後は眼が赤くなったり、コロコロしたり、つっぱった感じが続くことがありますが、多くの場合徐々に軽減していきます(稀に異物感が残存することがあります)。
・非常に進行した白内障や特別な白内障(外傷性白内障など)の場合、手術を2回に分けて後日人工レンズを眼内に縫い付ける手術が必要となることがあります。
・手術後に飛蚊症が進行することがあります。
・夜間の車のライトなどをまぶしく感じることがあります。
・まれな合併症として網膜剥離、大量の出血や感染を起こす場合があります。

④術後検診

手術翌日はできるだけ朝一番の診察をさせていただきます。保護眼帯をしたままご来院ください。 検診の予定は、術後3日間、1週間後、2週間後、1か月後、2か月後以降は状態を診て受診日を決めさせていただきます。万が一、異常を感じた場合は予定の受診日でなくても早めに受診してください。

白内障日帰り手術の費用

硝子体日帰り手術

硝子体日帰り手術イメージ

 硝子体手術につきましても白内障手術の後を追うように、機械類や技術、手術で使う補助剤などの開発が飛躍的に進歩しています。手術の際に開ける創も非常に小さなものとなってきており、手術時間も短縮され、以前と比較して手術の安全性が高まっています。

硝子体日帰り手術のスケジュール

①手術日の決定

まずは外来受診にて視力低下などの訴えがあり、検査・診察の結果で手術の適応があると判断されれば手術の説明をさせていただきます。また、視力低下の自覚があまり無い場合でも将来的にみて手術をしたほうが良いと判断した場合は同様に手術の説明をさせていただきます。白内障の場合は病状が進行してからでも手遅れになることはまずありませんが、硝子体手術を検討するような疾患の場合には病態が進行してからでは視力回復の見込みが厳しくなることも少なくありません。
手術のご希望があれば、あるいは手術をしたほうが良いとの説明にご納得いただいた場合には手術日のご相談をさせていただきます。病状によっては緊急に手術をさせていただく場合もあります。

検査・診察の様子

②手術前の点眼

手術3日前から、手術予定の眼に抗菌剤を点眼して頂きます。1回につき1~2滴を点眼してください。

③手術当日

手術の約1時間前までに来院して頂きます。手術当日の朝食は通常通りで構いません。昼食は軽めでお願い致します。心電図、血圧計などを装着しますのでゆったりした服装でご来院ください。お化粧はお控えください。また、ご自身で車やバイクを運転して来院することはお控えください。手術終了後、しばらく院内で休息して頂いたのち、保護眼帯を装着したまま、お帰り頂きます。黄斑円孔、網膜剥離などの病気は、術後にうつ伏せなどの体位制限が必要になることがあります。術後に緊急連絡先をお伝えしますので、痛みなど何か異常を感じましたら、いつでもご連絡ください。

手術室、リカバリールームイメージ

④術後検診

手術翌日は出来るだけ朝一番の診察をさせていただきます。特に問題無ければ眼帯は外しますが、保護用のメガネをご購入いただき、約1週間装用していただきます。
激しい運動、飲酒、長期の旅行や飛行機での旅行などは医師の許可が出るまでお控えください。術後3日間、1週間後、2週間後、1カ月後、2カ月後以降は病状を診ながら受診日を決めさせていただきます。
万が一、異常を感じた場合は決められた受診日以外でも早めに受診するようにしてください。
手術後は眼が赤くなったり、点眼薬がしみたり、コロコロしたりします。病気によって異なりますが、視力が安定するまでに数か月かかる場合があります。まれな合併症として網膜剥離や感染をおこすことがあり、その場合は再手術が必要になります。

硝子体日帰り手術の費用

覚悟の瞬間 医療法人孔成会 畑眼科 畑快右

当院へのアクセス THE LINDOS 1F 屋内駐車場完備

お問い合せ

お気軽にお問い合せください。 TEL 092-663-1800 診療時間9:00~17:30

  • 当院について
  • 診療内容
  • 日帰り手術
  • コンタクト・メガネ
  • 院内の紹介
  • スタッフ紹介
  • 患者様の声

診療内容一覧診療内容一覧のページはこちら

福岡市東区千早 医療法人孔成会 畑眼科

医療法人孔成会 畑 眼科

福岡市東区千早4丁目15番12号 THE LINDOS 1階

Tel. 092-663-1800 Fax. 092-663-1812

当院へのアクセス